人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

思考がダダ漏れになっても

多趣味主婦の思考が漏れてました

モチモチ急成長

最近のモチモチは言葉を凄い勢いで覚えていて、この数日で「バイキンマン」をやたら連呼しています。

まだちゃんとは発音できておらず「バイチンマン」なんですが、バイキンマンを見て言っているのでおそらく理解しているんだろうなと思います。

あと、最近、たまひよの「はじめてのことばのずかん」が大のお気に入りで、毎日それで遊んでいます。

覚えているのかどうかはわからないですが、家にいるとどこにでも持っていって、ボタンを押してみたり上の図鑑部分を見てみたりしてキャッキャしています。

私や旦那が近くにいると気になるものを指差して聞いてくるので、単語で答えるととても喜びます。

例えば象を指差して「なあに?なあに?」と聞いてきた時は、こちらは「ぞう!」と元気よく答える。

そうするとかなり喜びます。

まだこちらから「これなあに?」と指差して聞いても「バス」と「象」と「りんご」ぐらいしか答えてくれませんが、今はきっと何回も聞いて覚えている過程なんだと思うので、めげずに頑張ってほしいと思います。

あと、音楽が前にも増して好きになりました。

そのたまひよの本に歌が二曲、日本語のと英語のとが入っているのですが、どちらも自分でボタンを押して一緒に歌っているのがまー何とも可愛い。

まだまだ拙いですが、ちゃんとメロディも掴んでいるし、歌詞は言えてないけどなんとなく言えているので、この子は天才なんじゃないかと夫婦でザワザワしています。

だって、まだまだ拙いと言っても、大人がうろ覚えで鼻歌歌ってるぐらいなんですもん。

これはかなり賢いんじゃないだろうかと思います。

あ、「とうちゃん」と「ちーたん」もはっきりと言えます。

多分、私のiPhoneのロック画面を旦那にしているのと、ケースに夫婦のプリクラを貼っているのを見てるからなんでしょうね。

ロック画面や撮った写真を見せながら何回も教えたのできっと覚えてくれたんだと思います。

「ちーたん」はもちろん、妹のチータの事で、これはかなり早い段階で覚えて連呼していました。

チータに近づいては「ちーたーん!」と顔を近づけたり頭撫でたり抱きついたりしてるので、相当好きなんだろうなあ。

「ちーたん」は退院して数日でもう言えるようになっていたので、本当に大好きなんだと思います。

チータチータで、モチモチが近くにくるとニコニコするので、こちらもまたモチモチが好きなんでしょう。

このまま仲良しぐらいでいてくれたらいいですが、仲良し過ぎるのは将来が少し怖いです。

でもまあ、今のところはこれでいいと思います。

そういえばモチモチは最近、前はすぐ破きたがっていた絵本にも興味を示していて、破かずにちゃんと読んでいます。

私が読んでいるとページをすぐめくりたがるのは変わりませんが、モチモチに合わせて物語を話せば喜んで聞いているので良しとしています。

1番気に入っているのは、粉ミルクの缶についていたオマケの絵本「北風と太陽」です。

まだ物語を聞くというのはイマイチわからないようなので、長々と文を読んでも黙って聞いてはくれませんが、めくってはそこに描いてある絵を指差して「北風、偉い、北風、強い、太陽、聞く、太陽、めっちゃ聞く、旅人、歩く、ポテポテポテポテ」みたいに単語でや片言で読めばかなり喜んで聞いてくれるので、私も楽しいです。

多分、絵や写真を沢山見たいんでしょうね。

いつだったかは万田酵素のチラシに載ってる野菜やらの写真をめちゃくちゃ気に入っていたし、実家から持ってきた私の図鑑もニコニコしながら見てたので、モチモチには一枚絵の絵本より図鑑みたいなタイプの方がいいのかもしれません。

絵本なら、ゆっくり内容を話すよりも、早いテンポでサクサク読めばいいのかなという感じ。

モチモチは動物も大好きですが乗り物も大好きなので、今度乗り物図鑑を買ってあげようと思います。

 

というモチモチのこの頃。

ホント、なんだか天才なんじゃないかと私の中でざわついています。

本当はもっと色々教えたいところですが、こちらから教えても嫌がって嫌がって最悪癇癪を起こすので、今まで通り、のんびり教えていこうと思っています。

元カノをチラつかせるなんて…!

この連休中、実家に帰る道中に、旦那が元カノと来た旅館やらホテルやらがあったらしく、「ここ元カノと来たわー」と話されてモヤモヤしました。

そこから旦那の過去の恋愛話になり、聞いていると、私は元カノ達と真逆の女だったらしく、かなり驚きました。

元カノはみんな年上で、髪はショートで暗めの色、タバコは吸わないしアウトドア派。

人と会うのも好きで、美味しいものも好きで、色んなところに「連れてって」だったそう。

一方私は7歳も年下な上に、出会った当時はど金髪ロング、ヘビースモーカーで、ゲーム大好きの完璧インドア派。

極度の人嫌いに、食べる行為が面倒くさくて腹が溜まればいいやという考えの持ち主で、「できることなら家にいたい」な女でした。

…書き出してみると本当に真逆…唯一「女」である事と「酒は飲む」という事だけしか共通点がない…笑。

なので、ホント、旦那はよくこんな女と付き合おうって思ったなあ…と思いました。

話していると、実は旦那の中では旅行も行こうと思っていたそうです。

でもその前にモチモチができたので、計画がなくなったんだそう。

…まあ、仕方ない。

恋人期間中には行けなかったけど、これから夫婦でいくらでも行ける機会があるから、無問題です。

 

元カノの話をしていると、旦那もわりとインドア派なのに色んなところに行ったという話をされました。

でも、聞いている限りではどれも元カノ達が「行きたい」と言ったからという、受動的なものでした。

私は恋人期間中は「〇〇行きたい!」みたいなのがまるでなかったのに、何故か旦那は「今度〇〇行こう」と色んなところに連れて行ってくれました。

夜景も見たし、恋人岬も行ったし、ドライブも沢山したし、美味しいご飯の店にも沢山連れて行ってくれました。

私は今までそういうところには行った事がなかったので、どれも新鮮でとても楽しかったと記憶しています。

が、元カノ達の話を聞くと、「なんで連れてってくれたんだろう」と、少し不思議。

旦那からすると、「色んなところに行って楽しかったから、私を連れて行きたかった」という事で沢山調べてくれていたらしいです。

なんとまあ…マメだなあ…てかホントこの人私と出会った事で今までと180度変わったんだなあ…と思いました。

 

こういう、元カノ達の話を聞くと初めはモヤモヤ嫉妬するんですが、話を聞いていくうちに「ちょっと旦那それはねえよ可哀想だよ元カノ」ってのが多くて、話が終わる頃には違う意味のモヤモヤがうまれます。

例えば昔、旦那が20代の頃は親友達とよく旅に行っていたそうで、旅の道中の動画を録画して編集したDVDなんてのがあるのですが、元カノ達にはDVDがある事すら話した事はなかったそうです。

しかも学生の頃の話やらもしなかったというし、とにかく自分の話はしていないという印象。

大好きなゲームや漫画の話もしていなかったというし…私からすると「じゃあ普段何話してたの?」となるのですが、そう聞くと「わからん!」と返ってくるのです。

それはちょっと旦那心開かなすぎだよと思うんですが、しみじみ「話さないねえ…別に話したくないしねえ…」なんて言われると、嫉妬とかの前に「それ彼氏としてどうなんだ」となってモヤモヤします。

「結局結婚したんだし、いいじゃん」で終わるのですが…まあ、私としてもそこで別れてくれたおかげで旦那に会えたからいいんですけど…なんかこう…モヤっとするんですよね。

まあ…いいんですけど…。

 

…という、惚気のような何とも言えない吐き出し回でした。

モチモチチータは今日も元気

パソコンができないどころかしまったまま出してもいない今日この頃…Tシャツのデザインをやりたくて仕方ないです。

あと編み物もしたい…のにできない…辛い…!

旦那の仕事環境が前よりもずっと良くなったのは嬉しいのですが、モチモチとチータの相手をするのがもー大変で大変で。

折角2人が寝ても、私も一緒に寝てしまうから、結局何もできない日が続いています。

まあ…いいんですけど…笑。

 

唐突ですが、町のスーパーに「タバコは地元で買いましょう」という看板を見つけました。

前住んでいたところでは考えられない看板なので、とても驚きました。

この町はタバコ税の納税率が高いそうです。

ホント、ところ変われば…というやつです。

 

あと、町でかけている交通事故関連の保険もあり、驚きました。

とりあえず、私とモチモチが入りました。

 

モチモチは、日に日に子犬のようになってきました…。

1日1回は外に出たいらしく、外に出れば出たで走る走る笑。

こちらはチータを抱っこしている状態の為、追いかけるのがやっとです。

でも、たまに追いかけないでいると、途中で立ち止まって笑顔でこちらに走ってくるのがまた可愛い。

暴れん坊だけど可愛いです。

チータは日に日にモチモチしてきて、第2のモチコになりそうな勢い。

お兄ちゃんが食べてるからなのかみんなが食べてるからなのかわかりませんが、もう食べ物に興味を示しているので、明日の4ヶ月検診で離乳食始めてみてもいいか聞いてみようと思います。

 

まだ四月だというのに、窓を開けていないと室温が28度を超えてしまう我が家。

かなり暖かい…!

モチモチはTシャツ短パンでないと汗だくになってしまうのですが、外に出るとまだ少し寒いので、なんとも難しいです。

私は暑いのが苦手なので、ここのところずーっとTシャツ短パンで生活しています。

真夏が怖い…!

が!みんな元気にしているので、楽しいです。

 

明日はチータの4ヶ月検診。

今までの事も話さなければならないので今からかなり緊張していますが、旦那も休みを取ってくれたので、心強いです。

実母の事を話すのは正直しんどいですが、頑張って話そうと思います。

泣いてしまうかもなあ…

コミュ症をこじらせる

旦那が仕事を始めてから4日目になりました。

バタバタした日常に戻り、私はもうバテバテです。

そんな中でもモチモチとチータは元気にすくすく成長していて、嬉しいやら大変やらで何ともはや…笑。

ドタバタな毎日ですが、なんやかんやで田舎暮らしも楽しいです。

 

そんな田舎暮らしで、コミュ症の私には少し困った事がありまして…。

近所には三軒、家があるのですが、どの家も皆ご老人が住んでおりまして。

皆さん元気で優しく、若い私達家族の事をとても気にかけてくださっていてとても嬉しいのですが、折角訪ねてきてくださってもどう対応していいのやら…と。

皆さんフランクに来てくださるのは嬉しいのですが、目的がわからず…。

 

 

昨日は旦那の親戚のお婆さんが来てくださったのですが、ちょうど2人を寝かしつけたタイミングの来訪で、更に「2人の顔を見にきた」という事だったので、私的には「子どもたち寝てるからまた後日改めて来るのかな」と思い、「2人とも寝たところで…」と話すと、お婆さんは「あらそうなの?ごめんなさいねタイミング悪かったわね」と言いながら家に上がられました。

目当ての2人が寝てるので、はて、何故だと思いながらモタモタしてると、モチモチが声に気づいて起床。

チータもそれにつられて泣いてしまい、ワタワタしてしまいました。

結局上がってもらい、少し話をしたのですが、2人は不機嫌そのもので、しかもその中で実母から電話もきていたので、私はもうパニックでした。

お婆さんが帰宅後、私はお婆さんに対してどうすれば良かったのか、ずーっとくよくよ考えました。

でも、どう考えても、納得のいく答えが見つかりませんでした。

旦那が帰宅後、お風呂にみんなで入りながらこの事を話すと、「それは多分、にゃあと話したかったんじゃない?みんな若者に飢えてるからね笑」と言ってくれました。

私はその言葉がなんだか目から鱗の様な感じでした。

実家に居た頃はそういう来客は一切なく、家を出てからも私か旦那の友人か、私の両親ぐらいしか訪ねてこなかったし、現在もママ友と呼べる人もいません。

家に訪ねてくる人は皆、何か目的があって来ていたので(大概は子ども達を見に来る形)、こういうタイプの「遊びにきた」というのは初めてでした。

そして、友人以外で「私と話したいから訪ねてきた」というのが今まで全く無かったので、その考えがまるでありませんでした。

なので、旦那に言われて「そういうもんなのかなあ」と、半分信じられないような気持ちでした。

旦那と話す中で、私の実家や親戚が言う『今度遊びにおいで』は社交辞令だから間に受けないで聞き流すが正解だが…という話をしたら、旦那は「うちの家系はみんな本当に来てほしいから言ってるんだよ。ガツガツいったらいいよ。もう少し暖かくなったらお菓子でも作って持ってけばいいさ。」と言われました。

それを聞いて、なんだか、嬉しいような不安なような、疑心暗鬼なような気持ちになりました。

私の親戚が言うのは社交辞令ばかりで、上にも書いた「遊びにおいで」やなんかもそうだし、子どもたちを見る目的なら子どもたちを見たら満足して帰るのが定例で、私との話は別に…というのが普通でした。

結婚する前も、私と話しても、私の個人的な話を聞くというよりかは噂話を聞くような感じだったし、家の事情を聞かれたくないからお互いに込み入った話はしないのが普通でした。

なので、私の話を聞いてくれるというのが、友人以外で私と話したいという人がいるのが、本当なのかなあ…と。

 

旦那に言われ、目から鱗でしたが、今でもまだ少し信じられないでいます。

「私なんかと話したいの?子どもたちじゃないの?いいの?私で?それホントなの?」という気持ちが拭えません。

が!もし本当にそうなら私はとても嬉しいので、旦那のアドバイス通り、もう少し暖かくなったら、お菓子でも携えて子どもたちと3人で各家に遊びに行こうかと思います。

そして、昨日は失礼な態度をとってしまったのですが、また来てくれたらいいなあ…と思います。

…他力本願なところも直さねばなあ。

モチモチチータ

このところのモチモチは、かなり活発で、イヤイヤ期真っ只中という感じ。

自分がしたくない事を言われると「やっ!」と首を振り、嫌だと意思表示ができるようになりました。

まあ、それで結構大変なところもあるのですが、聞き分けはいいので、まだ楽な方だとは思います。

モチモチが嫌がるタイミングはだいたい3パターンで、ご飯の時とお風呂の時、出かける時に関連しています。

ご飯の時の場合は、明らかにお腹いっぱいな筈なのに、ご飯を終わらせようと「ご馳走さましよう?」と聞くと「まだ食べたい」と嫌がる事が多いです。

食べすぎなのが心配ですが、特に吐くこともないので、そこから更に煮豆とかを少し食べさせて満足させてから終わらせています。

また、お腹が空いたり喉が渇いたりするとすぐに冷蔵庫の前に立ち、おやつとジュースを要求してきます。

これには少し困ってます。

ジュースが欲しいのに麦茶を出されると癇癪を起こして泣いて泣いて喉が渇いて仕方なく麦茶を飲む…のような流れが出てきつつあるので、早いとこなにか対策でもしないとなあと思います。

おやつは特に「チョコ」が好きで、また、冷蔵庫にチョコがある事を知っているので、ご飯の用意をする度に要求しては拒否され怒ってます。

この状態になるとご飯が作れずかなりつらいのですが、出来たおかずを一口あげるとすぐに食べて良い顔して喜んで泣き止むので、うーん…という感じ。

お風呂のは、「まだあがりたくない」。

新居はお風呂が温泉なので、浴室がとても広く、モチモチが遊ぶのには最適なのですが、温泉なのでのぼせてないかが心配になるほど体が真っ赤なのにまだ遊びたがるので、ちょっと厄介です。

まあ、モチモチ自身が限界に感じたら自分から出てくるし、湯当たりもなさそうだし、のぼせてなさそうなので、ほどほどなところで切り上げられています。

出かける前、出かけている最中はかなり大変です。

出かける前は、モチモチは早く外に出たいと暴れ、靴を玄関から持ってきたり慌ただしいです。

出かけている最中も、ベビーカーや車に飽きるとホントもうこの小さい体のどこにそんな力があるんだというぐらいにギャーギャー泣きます。

もうびっくりを通り越して笑っちゃうぐらいの声量なので、毎度夫婦で「そんなに?!」とびっくりしています。

そして、モチモチはとても賢い子なので、遂に繋いだ手からの脱走と、抱っこからの脱走、ベビーカーからの脱走を覚えてしまいました。

うーん…賢い…。

 

チータはすくすくと順調に成長しており、よく笑うようになりました。

モチモチはチータが大好きで、よく撫でたりほっぺをスリスリしたりするのですが、チータもそれが嬉しいのか、とてもニコニコといい笑顔です。

モチモチの時と同じで手や足を動かすのがとても好きで、体操をしてあげるとまた良い顔を見せてくれます。ただ、まだお風呂は慣れないようで、顔にお湯がかかるとかなり泣きます。

そこはまだなんだなあ…と、兄妹の違いを感じています。

あと、車もそこまで好きではないようで、3回に1回は乗せた時から目的地に着くまで終始泣いてしまいます。

田舎なので何処に行くにもどうしても中距離運転になってしまうので、何もできないのが辛いです。

 

まあ何にせよ、新天地での生活にすぐ慣れてくれたのはありがたいです。

2人ともこれからどんどん大きくなっていくので、成長が楽しみです。

無事に引っ越しました

この間無事に引っ越して、無事に町民になりました。

市民から町民になりました。

まだまだ荷物の整理は終わってないけど、なかなか楽しくやってます。

引っ越し当日の晩からキッチンを使ってますが、広すぎて全く慣れないので、毎日少しずつ頑張って慣れようと思います。

 

やはり、所変われば…というものなのでしょうかね、街並みもそうだし、店もそうだし、スーパーの品揃えもまた、今まで住んでいた場所とは全然違って、とても新鮮な気持ちです。

この間はスーパーくまがいでウインナーソーセージの缶詰を見つけました。

ウインナーの缶詰ってなんだよ…と思いました。

いや、ホント、マジでなんだよ…しかも結構値段高いし…。

 

荷物も結構開けたので、町の散策がてら、色々出かけたりもしました。

もちろん役場にも行きました。

…前住んでた所よりも子育てに力が入ってて、おもちゃの交換会やアミューズメント施設もありました…これにはかなりショックをうけました。

あと、野菜が安い!

キャベツなんて半値だもの。

びっくりです。

 

せっかく新しい町に来たので、更に言うと義祖母が沢山着物をくれたので、着てみてます。

髪がまだ若干パーマネントなので、モダンな感じ?になってるのかな?

なってたらいいです。

まだ少し寒いので、中にTシャツやらワイシャツやら短パンやらを着てるからか、旦那には「銀魂の銀さんみたい」と言われました。

「ぴっちりTシャツとレザーパンツとレザーブーツ買いたい」とまで言われました。

絶対嫌だけどね。

着物、思ったよりも暖かく、そして小袖で男性の着方になるので、とても楽です。

腰の位置でベルトで留めればほぼ崩れないし、歩いててもそこまで足元もはだけないので、ホント楽です。

もっと早く着ていれば良かったと思うほど。

袖も、くるっと紐で結んでおけば絶対下がってこないし、楽です。

ホント楽です。

…でもね、間違えて左前にしてました…気づいたのは着物を着て数日…これで出かけてたのか…失敗失敗。

 

それから、キッチンがガスコンロからIHに変わり、扱いが慣れず四苦八苦してます。

今までなら30分でできていた晩ご飯にも1時間以上かかる始末…!

先日揚げ物に挑戦したのですが、揚げ物モードの使い方が分からず、フライを焦がしました…。

割と早めに攻略できたのが唯一の救い。

フライはイマイチだったけども、唐揚げはなんとかなりました。

 

そしてこの数週間、笑いあり揉め事ありのドタバタ劇でした。

揉め事はまあ、些細な事ですぐに解消されましたが、笑いの方は…笑。

モチモチが晩ご飯を作っている最中に台所にどうしても来たかったようで、旦那に止められ私に止められでこの世の終わりのように泣いたりや、お腹すいてるならとりあえず先にできたものだけ食べててスタイルでいこうと思っても頑なに食べないとか…。

あとは、夫婦にはあるまじき会話で盛り上がったりだとか、出先で面白い事があったりだとか…。

どれも思い出すと些細な事かもしれないですが、前よりも毎日笑ってる気がします。

あ、旦那の送別会は修羅場だったな…その時もしばらく気持ちが落ちていたけども、今思い出しても落ちますね、あれは…。

まあ、結局のところ、前会社の社長が人間ではなく生ゴミだったので、生ゴミとは会話なんてできないもんなという事です。

 

あ、近くのシティの複合施設に「フリマBOX」というものがありました。

「10日間300円で場所を借りて、手作り品や要らなくなったものを売れる」というもので、手数料は売れたものから少し引かれるけども、手軽にフリーマーケットが開けるというものでした。

手作り品が売れるという事で、私も、編んだコースターや前にネット販売していたシールなんかを出品してみようかなと思ってます。

 

新生活…楽しいです。

夫婦二人で頑張らねば!

スーパームーン関係なくなっちゃった

そういえば先々月の末、月食を初めて見ました。

スーパーブルーブラッドムーンだったかな。

義実家にいた時に見たのですが、とっても綺麗でした。

今まで月食を見る機会がなかったので、とても嬉しかったのを覚えています。

しかもね、旦那と一緒に見られたんです。

寒かったけど私に付き合って一緒に見てくれて、それも嬉しかったです。

 

この間は満月を見ました。

出窓から見た満月は、大きく綺麗に輝いていました。

 

 

話は変わりますが、昨日「子どもができたら一生母親をやらないといけない。一生『〇〇なればいいのに』と思うんだろうな。」的なコラムを読みました。

以前も書きましたが私の実母はそういう人で、私にもよく「お母さんだから」と言う人です。

そういう人の元で育ったからかはわかりませんが、私はある程度2人が大きくなったら母親業を少しずつやめようと思っています。

「自分で決めた事に責任をもてる」子に育ってほしいから。

使える人はどんどん使って、頼るべき時は頼ってもいい事も覚えて、でもできるだけ自分で考えて自分の力で生きていけるように。

自立した大人になるように。

 

働いていた頃、私の下には年上の後輩ばかりいました。

指示を待つだけの大人。

指示された内容もできない大人。

私が彼等より年下だからなめていたんでしょう。

私は働いていた頃にそういう「大人になりきれていない大人」を沢山見ました。

そんな人達を見て、とても、とても恥ずかしく、情けなく、不思議でした。

今までどんなぬるま湯の中で生きてきたんだろうかと。

大学まで行って勉強して結果がこの程度なのかと。

結局この人達は、成人するまでの間に心が成長しなかったから、大人になりきれていないんでしょう。

だから、言われるまで待つだけだし、言われた事もろくにできないし、年齢や学歴で人を見下して、あたかも自分はスーパーヒーローのように「本気出せばできる」などと口走るんでしょう。

当時は子どもどころか結婚する気すらありませんでしたが、結婚して子どももいて親となった今、あのような自立できていない人間にだけは絶対にしてはいけないと強く思います。

なので、小学校高学年くらい、遅くとも中学生になる頃からは、私はあまり母親業をやらないようにしようと思います。

まあ、ご飯や洗濯、掃除は母親業ではないから当然やりますけど。

例えば「勉強しなさい」と口うるさく言うだとかですね。

「〇〇やりなさい」は極力使わないようにしたいと思います。

外での礼儀やマナーは、幼稚園に入ってから小学校を卒業するまでに教えて、ある程度は自由に考えて行動できるような環境を作ってあげたいです。

 

…まあ、こんな風に偉そうに言っている私も今年で27歳になりますが、まだまだ大人ではないと思います。

自分でも「まだまだ子どもだな」と思う点がいくつもありますし、両親、特に義実家の方々にはおんぶに抱っこで今正にものすごく甘えています。

旦那にも甘えています。

なので、私自身も大人になるように、みんなと一緒に成長できたらなと思います。

 

…って書いてるけど、そもそも「大人」ってなんなんでしょうね笑。

とりあえず私の目標は、「オンとオフのメリハリをちゃんとつけられる大人」になりたいです。

やる時はちゃんとやるべき事をやるけど、休む時はちゃんと休んで、遊ぶ時は全力で…みたいな…こう…よく聞く「成功者」みたいな?スティーブ・ジョブズさん的な感じ?になれたらなあと思います。

 

というわけで、やろう、梱包。