人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

思考がダダ漏れになっても

多趣味主婦の思考が漏れてました

コミュ症をこじらせる

旦那が仕事を始めてから4日目になりました。

バタバタした日常に戻り、私はもうバテバテです。

そんな中でもモチモチとチータは元気にすくすく成長していて、嬉しいやら大変やらで何ともはや…笑。

ドタバタな毎日ですが、なんやかんやで田舎暮らしも楽しいです。

 

そんな田舎暮らしで、コミュ症の私には少し困った事がありまして…。

近所には三軒、家があるのですが、どの家も皆ご老人が住んでおりまして。

皆さん元気で優しく、若い私達家族の事をとても気にかけてくださっていてとても嬉しいのですが、折角訪ねてきてくださってもどう対応していいのやら…と。

皆さんフランクに来てくださるのは嬉しいのですが、目的がわからず…。

 

 

昨日は旦那の親戚のお婆さんが来てくださったのですが、ちょうど2人を寝かしつけたタイミングの来訪で、更に「2人の顔を見にきた」という事だったので、私的には「子どもたち寝てるからまた後日改めて来るのかな」と思い、「2人とも寝たところで…」と話すと、お婆さんは「あらそうなの?ごめんなさいねタイミング悪かったわね」と言いながら家に上がられました。

目当ての2人が寝てるので、はて、何故だと思いながらモタモタしてると、モチモチが声に気づいて起床。

チータもそれにつられて泣いてしまい、ワタワタしてしまいました。

結局上がってもらい、少し話をしたのですが、2人は不機嫌そのもので、しかもその中で実母から電話もきていたので、私はもうパニックでした。

お婆さんが帰宅後、私はお婆さんに対してどうすれば良かったのか、ずーっとくよくよ考えました。

でも、どう考えても、納得のいく答えが見つかりませんでした。

旦那が帰宅後、お風呂にみんなで入りながらこの事を話すと、「それは多分、にゃあと話したかったんじゃない?みんな若者に飢えてるからね笑」と言ってくれました。

私はその言葉がなんだか目から鱗の様な感じでした。

実家に居た頃はそういう来客は一切なく、家を出てからも私か旦那の友人か、私の両親ぐらいしか訪ねてこなかったし、現在もママ友と呼べる人もいません。

家に訪ねてくる人は皆、何か目的があって来ていたので(大概は子ども達を見に来る形)、こういうタイプの「遊びにきた」というのは初めてでした。

そして、友人以外で「私と話したいから訪ねてきた」というのが今まで全く無かったので、その考えがまるでありませんでした。

なので、旦那に言われて「そういうもんなのかなあ」と、半分信じられないような気持ちでした。

旦那と話す中で、私の実家や親戚が言う『今度遊びにおいで』は社交辞令だから間に受けないで聞き流すが正解だが…という話をしたら、旦那は「うちの家系はみんな本当に来てほしいから言ってるんだよ。ガツガツいったらいいよ。もう少し暖かくなったらお菓子でも作って持ってけばいいさ。」と言われました。

それを聞いて、なんだか、嬉しいような不安なような、疑心暗鬼なような気持ちになりました。

私の親戚が言うのは社交辞令ばかりで、上にも書いた「遊びにおいで」やなんかもそうだし、子どもたちを見る目的なら子どもたちを見たら満足して帰るのが定例で、私との話は別に…というのが普通でした。

結婚する前も、私と話しても、私の個人的な話を聞くというよりかは噂話を聞くような感じだったし、家の事情を聞かれたくないからお互いに込み入った話はしないのが普通でした。

なので、私の話を聞いてくれるというのが、友人以外で私と話したいという人がいるのが、本当なのかなあ…と。

 

旦那に言われ、目から鱗でしたが、今でもまだ少し信じられないでいます。

「私なんかと話したいの?子どもたちじゃないの?いいの?私で?それホントなの?」という気持ちが拭えません。

が!もし本当にそうなら私はとても嬉しいので、旦那のアドバイス通り、もう少し暖かくなったら、お菓子でも携えて子どもたちと3人で各家に遊びに行こうかと思います。

そして、昨日は失礼な態度をとってしまったのですが、また来てくれたらいいなあ…と思います。

…他力本願なところも直さねばなあ。